黒い雨、第五福竜丸

今日の朝刊で、「黒い雨」を体験した住民等を被爆者と認定する初めての判決が出たというニュースをみた。75年という、長い年月がかかってようやく出た司法判断。早く、被爆者救済がすすみますように。

今日のネット記事によると「原爆の被害は長らく直接の放射線の影響が重視され、直後に降った雨や火災のすすに含まれた放射性物質による被ばくは、未解明な部分もあって軽視されてきた」という。原爆が落ちた後広島市内に入っていった人たちも被ばくする。これを入市(にゅうせい)被ばくというが、救済を受けられないできた人たちがずいぶん、いるだろう。

何年か前、アーサー・ビナードさんの講演会に行った。日本語を読み書きするビナードさんによる日本語の講演だ。そしてこの絵本を知った。第五福竜丸事件について、はずかしながら私はほとんどなにも知らなかった。 ビナードさんから教わったのだ。

ここが家だ ベン・シャーンの第五福竜丸

絵;ベン・シャーン Ben Shahn 20世紀のアメリカを代表する画家のひとり。

構成・文;アーサー・ビナード Arthur Binard アメリカ生まれの詩人。大学卒業後に来日、日本語での詩作をはじめる。

本の解説より…「1954年3月1日、マーシャル諸島のビキニ環礁でアメリカ国防総省が水爆実験を行った。爆発力は広島型原爆の1000倍を超え…大量の放射能が潮流にのって太平洋を広く汚染し、気流によって北極まで運ばれ、また放射能雨となって日本全土を含む広範囲に降り注いだ。」「マーシャル諸島の住民が被曝した。米軍が定めた危険区域の外の公海ではえ縄漁をしていた第五福竜丸も、死の灰をもろに浴びた。」

講演で、ビナードさんから聞いたことーー無線長の久保山愛吉さんは、爆発時に自分たちが軍事機密に遭遇してしまったことを察知した。打電は、まずは、しない。打電したら傍受されて自分たちの存在を知られる。そうしたら自分たちが攻撃対象にされかねないから。そして仲間に大声でいったという…米軍の舟や飛行機、ヘリが見えたら知らせよと。それはつまり相手に自分たちの舟を見られたということだから、そのときは、すぐに焼津に無線を打ち自分たちの位置を知らせる、そうでなければ無線は打たないと。ーーこの話を聞いたとき、恐ろしさに背筋が冷たく緊張した。そして、とっさに鋭い判断を下した無線長の経験のゆたかさに感服した。

放射能による症状がではじめながらも、23人の乗組員たちは自力で二週間かかって母港の静岡県焼津に帰った。そして自らの体験を語り、水爆の生き証人となった。

東京江東区に、都立 第五福竜丸展示館がある。東京オリンピックが開催されるあいだはなぜか閉館ということだったが、延期されたのでこの夏も通常開館するそう。たくさんの資料がある。

子宮のサイズは〇〇大

患者さんに、状態や疾患について説明するときに ふつうのサイズの子宮ってどれくらいの大きさなのかを伝える必要がある。どのあたりに位置しているかなど、いろいろ。保健体育で習ったかと思う。でもたいてい、あまり知識がない。排卵と月経の関係もふたしかである。

微分積分とちがって卒業後も必要な、たくさんの、色々大切なことを保健体育で習うのだがあまり知識が定着していない。かなり残念だし問題なことである。これを解決するためには国策として、健康教育・性教育がなされるようにならないと無理だと思う。

通常の、成人女性の子宮は洋梨型をしていて、子宮体部と頚部と呼ばれる部分がある。子宮体部はにわとりのLサイズの卵くらいの大きさ。子宮全体として縦 7~8cm, 横幅と厚みは4〜5cmといったところ。

てもとにゴム製の模型がある。前院長がずっと使用していたクラシックなものだ。

この模型の、卵管や卵巣については長さなどいまひとつのため参考程度に。

昔の教科書では正常を鶏卵大、それより大きいと鵞卵大(がらんだい、ガチョウの卵の大きさ)、それより大きいと手拳大、と表現していたのだった。医師が内診をして、触診して把握するサイズ感である。”手拳大に腫れた子宮筋腫は手術適応だ”といっていたものだ。いまは表現法や治療法がかなり変化してきた。

手拳大、といっても、個人差があるしね

超音波検査がどんどん進んできたのはちょうど私が医師になるかならないかの頃だった。経膣超音波のおかげで子宮のサイズはmm単位でリアルタイムで計測できるようになった。もう、手拳大、といったアバウトな表現はする必要もない。そして指先くらい小さい筋腫でも、有り場所によってはひどい過多月経を起こして手術適応になることもあるし、10cmほどの筋腫があっても月経量が少なければ痛くもかゆくもないのでずーっと持って生活できていたりする。

私は小学生のころ飼育委員だった。ガチョウの卵を実際見たことがある。だから鵞卵大っていう表現をみてイメージできたが、私くらいの年代の医師でも、100人が100人、ガランダイと言われてピンとくるわけではないと思う。なお、東山動物園へいくと、いろいろなトリの卵をみることができる

ガチョウはアヒルよりからだが一回り大きい。子どものころの記憶では、アヒルの1.5倍くらいな背丈に感じた。

卵を産んだので、家庭科の先生がケーキを焼いて食べさせてくれた。大きな黄身で色も濃かった。

飼育小屋の掃除をしようとデッキブラシを持つと、長い首を曲げくちばしを低くし攻撃姿勢で近寄ってくる。結構こわいのだ。

COVID-19には教育が最良のワクチン、そして教育で維持する平和〜コスタリカ

今日はすこし、書棚に保管している資料の整理をした。すると2003年に入手したコピーが出てきた。コスタリカを訪れた知人が持っていたもので、学校の授業で子どもたちが書いた紙。大きな鳩が書いてあり、その中に平和を維持するために必要なことが書いてある。あまり素晴らしいのでお願いしてコピーさせてもらったのだ。

小学校6年生の社会科の授業。「平和を維持する要素」がテーマで、子どもたちは次々に自分の考えを発表していたという。「平静を保つ」「互いを尊重する」「教育が大切」といった意見がポンポンと。これは常日頃、平和について学びを深めているからできることだ。

せっかくの紙、言葉が読めないのでつい、しまいこんであったのだった。今はグー〇ルがある!さっそく翻訳してもらう。Dialogar ,対話、という言葉が最初によく出てくる。

真ん中の鳩に囲んで書いてあることば La Paz Mundial は世界平和という意味

「心で行動する」、「幼い頃からすべての子どもたちに平和を教える」、…

素晴らしい教育立国コスタリカ。新型コロナウイルスの感染拡大抑止にも成功を収めている。5月11日中日朝刊6面のコラムに記事があった。

われわれの最良のワクチンは、規律正しく教育のある国民と強固な保健制度だ。軍に投資せず、保健や年金、教育に多くを費やしてきたことが非常に重要だった

ルイス・ビジャロボス コスタリカ大学元医学部長の談
(2020.5.11中日新聞記事より抜粋)

IONDOCTOR イオンドクター で快適

暑い時期だけれど脚やおなかが冷えて、肌が冷たかったりしませんか。ここに紹介しますのは、からだの各部をあたためるウォーマーです。

3年くらい前から、ウェストと下腿をウォーマーであたためて過ごしています。機会あれば患者さんにもすすめているのが、この「イオンドクター」です。たしかに、値段は張ります。でも快適なのではいたまま寝ても平気なのです。ほかの品だとこうはいかないと思います。

ジェイ・エスの社長さんと、お会いしたことがあります。2017年1月、当院まではるばるいらっしゃいました。とても暖かで誠実な方です。

イオンドクターが女性誌に取り上げられることも。そこには女優さんが履いている写真が載っていました。これは会社が宣伝を出したのではなく、雑誌社のほうから取材依頼があって掲載されたとのことでした。…その後、新聞、雑誌広告で類似品をよく見かけるようになりました。レッグウォーマー2千円くらいとか。二つ買うとひとつおまけ、とか。でも、ものが全然違います。

イオンドクター
http://www.iondoctor.com/

アマゾンでもイオンドクターの商品がたくさん並んでいます

当院は提携医療機関ですのでイオンドクターを取り寄せることが出来ます。受注販売です。ご希望のかたは受付へおっしゃってくださいませ。

旬菜遊膳ながなわ さんで食事会

春日井市知多町、当院から1kmほどの徒歩圏内にある和食メインのお店です。きょうはこちらで食事をしてきました。今日もおいしかったです。

旬菜遊膳ながなわ さん

…きれいな女将。10年以上、おかわりありません。今日も綺麗でした。

午前11時30分オープンです。10分前に駐車場へ一番乗りしたときはしーんとしてましたが、ちょうど11:30になるころには、ドンドン車がはいってきました!!

ミニ会席ランチ、お店は今日も一杯とのことでした。30食限定。

こちらのお店は以前から禁煙で、それもファンになる要点のひとつでした。

ここのお店のさらに良いところはソフトドリンクのメニューも手抜かりなく豊富でおいしい、ということです。

さらに。今日知ったのが ↓ この券のこと。 

また行きたい!