純石けんで何でも洗う

そろそろ食器洗い洗剤が無くなってきたので作りました。使うぶんずつ、台所で作ります。簡単です。生協で売っている、粉末の純石けんが万能なのです。

溶かした石けんは、まる一日くらい経つと固まってきます。固まる前でも使えますから大丈夫。

粉末状の石けんには、昔ながらの石けんのほかに、合成洗剤があります。合成洗剤ではこのようなジェル状石けんは作れませんのでご注意を。また食器を洗うとき、合成洗剤より食器が滑りやすいので慣れるまでは気をつけましょう。(慣れてしまえば平気です)

おなじ粉末でも、石けんと合成洗剤は似て非なるものです。

衣服の洗濯でも、合成洗剤と純石けんでの洗い上がりは純石けんの勝ち、です。柔軟剤は要りません。ただ、石けんは泡立つよう充分な量を使い、よく混ぜて溶かさないといけません。このごろ、つい、めんどうになってしまって固形のポンと入れるだけの合成洗剤で服など洗濯しています。でも、純石けんの粉石けんは、いろいろな洗剤として使えるので常備しています。家中、からだじゅう、洗えます。

実は頭髪も1年以上前からせっけんで洗っているんです!髪用には、火山灰入りのとか馬油いりの石けんとか、ちょっといいやつを使うこともあります。リンスはあんまり要らないけれど、するなら、酢とかクエン酸を溶かしたお湯ですすげばOKです。…それでどうかというと、かかりつけの美容師さんから、髪が扱いやすくなったと評価されるんです!!

今まで、とくに肌にトラブルのある患者さんに、せっけんのことを説明してきました。診察のときに、肌が乾燥してがさがさ、乾燥するとかゆみが出るので皮膚にかきむしった跡まである方があります。ボディシャンプーを使っているかどうかと聞きますと、たいてい、当たります。
合成洗剤の一つであるボディシャンプーは皮脂を取り除く力が大変強く、肌のバリアをこわします。使って平気な方はよいのですが、肌にトラブルのある方は、純せっけんで洗うほうがよいのでは。

2000年4月に手に入れた石けんの本が素敵。しばらくオリーブオイルと水酸化ナトリウムを使って固形石けんを自作していました。(いまはもう、やっていません)

本が痛まないようフィルムを貼って、付箋紙をはさんで。石けんバイブルです。

前田京子「お風呂の愉しみ」飛鳥新社

著者の前田京子さんは、自分と同じ年齢。文系かな?理系かな?本の、エッセイ部分もレシピ部分もいいです。むだがなくてわかりやすい。多分この本のおかげで石けんを手作りする人の数が増えたことでしょう。この本がヒットしていたころ同系列の本が書店にたくさん並んでいました。私はこの本だけで十分だと思いました。基礎から各論まで書いてあります。

これで純石けんのことに目覚めたというか、それまで石けんのことに関心がなかったけれど、色々勉強してからは合成洗剤や高価な石けんは要らないんだなあと思うようになりました。

合成洗剤には蛍光剤が入っていることがありますが、蛍光剤は発ガン性物質です。そのため食品を入れたり、口をふいたりする紙コップや紙ナフキンには蛍光剤を入れてはいけないことになっています。洗濯だって…ハンカチ、給食のナプキンやエプロンなど、洗います。それでも洗濯用の洗剤に蛍光剤を入れてはいけない法律は無いので、洗濯物が美しく洗い上がったようにみせるために、入れてあるのです。

むかしながらのせっけんは、油脂と苛性ソーダNaOHとをゆっくり反応させ、時間をかけてつくりました。高校化学で習う「けん化法」という化学反応です。これによって、材料は脂肪酸塩とグリセリンとに変化し、固まります。脂肪酸塩が汚れを落とし、グリセリンは汚れをおとすほかに、肌を保湿する働きがあります。
自分でせっけんをつくってみると、できあがりはチーズかケーキのようです。純せっけんを作る仕事の人たちは、せっけんを「炊く」というそうです。昔のせっけん(純せっけん)は、ねずみがかじりました。今世間にあふれる添剤(エデト酸塩)入りのせっけんは、ねずみもかじれません。

マンガ家の赤星たみこさんが、石けんに詳しくて昔から色々情報発信なさっています。https://akaboshi.exblog.jp/26782594/

今日みつけた「石けん百科」というサイトで石けんのこと、色々かいてあります。https://www.live-science.co.jp/store/c/ncjji/

ホルモン補充療法 ジェルタイプ使用中

閉経後、やるなら速やかにはじめたほうが良いのがホルモン補充療法(HRT)です。わたしも行っています。外用剤が効果の点で優れていますので、テープやジェルをつかっています。ジェルには二種類ありますが、ボトルタイプのものは一本で40日ちょっと、もちます。

卵胞ホルモン含有ジェル。使い終わりがわかりやすいよう、開封日をペンで記録すると良いです。

メーカーは、発売当初から長らく資生堂でした。今後、製造販売が別の製薬会社に変わることになりました。

その製薬会社さん某社に、作る工場が変わるの?とか尋ねてみたんですが…なんとも不思議ですが、詳しいことをお答えできないと… 何だろうそれは!?!?

ジェルメーカーはさておき(ほかの会社のジェルもありますしね)HRTについて少しだけ説明したいと思います。

平均閉経年齢はいま、50.5歳と言われています。日本女性は長生きになりました。以前は閉経年齢と死亡する年齢がおなじところでした。今は違います。一足さきに引退してしまう卵巣。でも卵巣ホルモンは女性の健康に、とても大切です。切れちゃうのは困る。そこで閉経年齢からもうちょっと先まで、女性ホルモンの橋渡しを(ちょこっと)するのがHRTです。

卵巣ホルモンには二種類。卵胞ホルモン E (estradiol) と 黄体ホルモン P (progestin)

卵胞ホルモンを主演女優とすれば、黄体ホルモンは助演女優です。

じつをいうと、HRTは、卵胞ホルモン(E)を補えば事は足りるのです。でも、子宮内膜の保護をするために、子宮のある人は黄体ホルモン(P)も一緒に補う必要があります。

筋腫などで子宮を摘除ずみの方は、卵胞ホルモンのジェルやテープだけ使えばいいから、いいな〜っと正直思いますよ!

卵胞ホルモン(E)にはジェル、テープ、錠剤とあり。

テープなどがどうしてもかぶれてしまう場合には錠剤もありますから大丈夫。

黄体ホルモン(P)は、現在のところ錠剤しかありません。ただしE+Pの合剤でしたらテープのものがあります。↓

ひとつだけ、EPと一緒に外用で補えるテープ型の薬剤があります。

海外では黄体ホルモン剤も天然型という、いいものがあるのですが日本では未発売。本当に女性医療は何歩も遅れているのです。女性はどんどん社会で輝いて、声を大きくしていかなければなりません。

う歯(むしば)は削っていただかなければ仕方なし

むかし治療してもらった奥歯のむしばが痛む。二次カリエスといい、年月が経つとどうしても、二次的にう蝕してきてしまう。

虫歯は、削ってもらうしか仕方ない。傷が治るのと違って、う蝕した部分がもとにもどることはないから。

わたしは保険医協会という団体に属している。保険診療を行う医師、歯科医師の団体である。そこで色々な医師、歯科医師と話をできる。いつか、歯科のドクターが嘆いていた。

”患者さんは、だいたい、歯を「削られた」という。「削ってもらった」とは言ってくれない”と。それは確かに、言い方が正しくない。治療者に対してあんまりな言いようだと思う。

虫歯になって、それ以上う蝕が進まないようにするには腐った部分を削って取り除くしかない。そして削った部分は金属などで補填して、噛めるようにする。それが虫歯の治療というもの。さらに日本の歯科治療技術に対して、こちらが支払うコストは桁がひとつ小さすぎるくらい少ないものがあると思う。申し訳ないくらいの気持ちで受診すべきである。

DVと夫婦喧嘩

最近、兵庫医科大学法医学講座教授、西尾元 先生の著書を3冊読んだ。

2017年と2019年4月に出た「死体格差」「いまどきの死体」

2019年12月に出た「女性の死に方」

解剖にはいくつか種類がある。西尾先生は、下記の分類3,の法医解剖の教授。年間200-300の解剖をなさっているという。…ドラマだと監察医と法医学者と、ごっちゃになっているようだ?

  • 監察医が行う解剖:監察とよばれる組織(東京都など限られた大きな都市で、公衆衛生の向上を図ることを目的に設立された組織)で行われる。
  • 大学で行われる解剖
    1. 系統解剖 学生の解剖学の学習のための解剖。解剖学教室が担当
    2. 病理解剖 病院で亡くなった方の診断の確認、治療の効果を調べる解剖。病理学教室が担当
    3. 法医解剖 犯罪捜査と死因救命を目的とする解剖。法医学教室が担当

警察から随時、解剖の要請があるのに応じなければならない。淡々とかいてあるけれど 腐敗した死体、ミイラ化した死体、なんと大変な仕事かと思う。それだけではない。おや?と思うことを見逃さないよう、たいした修練が要ることである。後進が、どんどん出てきてくれているのかどうか。

「死体格差」の104ページには、”全国にある法医学教室はおよそ80教室、法医学認定医はせいぜい150人程度 イリオモテヤマネコの推定生息数とあまりかわらない”とある。絶滅危惧種に例えられる。あ、これは産科医もそうだ。ひとの生まれるところ・死ぬところにかかわる仕事は、なり手不足なのだなあと思った。

「女性の死に方」に、”夫婦げんかで死を選ぶのは決まって男性ばかりである”とあり注目した。プライドが壊された結果、妻がいかに携帯を使って止めようと、崖から身投げをしてしまったり。戸外で凍死してしまったり。一方、DVでは、全身殴打により亡くなった女性の例が書かれていた。日常ビール瓶などで殴打されてできた皮下出血、そのため亡くなった。別の大学の先生から送られたアメリカの皮下出血症例を集めた報告書が鍵で、解かれた死因だったという。…皮下出血が一定範囲以上おこると死に至るのだ。はじめて知った。

DVは一方から他方へ向けての暴力・支配であり、けんかとはべつものである。DVのことを「これは夫婦げんかだ、」とごまかすのは許せないのである。

陰毛処理すると清潔なのか??

陰毛処理 今日このごろは外来で毎日見ない日がないくらいありふれた 陰毛処理をした人たち 

10年以上まえ、年に数人、陰毛処理をしている20代の若い人たちがいて 私は気になった。陰毛を、すべて あるいは膣周囲にかけて処理している。理由を問えば、つきあっている彼からいわれて不承不承、やっているという。

それがいまは年齢層が広まった。中高齢のひともやっている 加齢すると なにもしなくても陰毛は寂しくなる(減る)のだが,,,。自分で剃ったり、老いも若きも数十万かけてエステに通ったりしている。

外陰の皮膚はからだの他の部分とは異なる。薄いのだ。直下の脂肪組織が薄い皮膚によっておおわれ、ふわふわした大陰唇とデリケートな小陰唇粘膜に続いている。陰毛をなくしてしまったあと、ひりひりした外陰部の皮膚を目にするたび私は悲しくなる。じっさい、接触性皮膚炎などのトラブルで来院する患者さんも多いのだ。とくにこの頃は外出自粛が関係してか、多い。

陰毛は、よく、桃やりんごにかけてあるネットと同じ役割をはたす。デリケートな皮膚を保護するのだ。

そして薄くても空気の層ができるので蒸れの予防にもなる。陰毛のせいで蒸れるというのは違うのではないか。Gパン、スキニーのズボンやガードルなど、しめつける衣服のために蒸れているのではないだろうか。素足でスニーカーを履くのと、薄いストッキングを一枚はいて履くのと比較してみると、ストッキングを履いているほうが蒸れない。それと同じである。

手足の脱毛は、ひとの目にふれる場所の処理である。それに対して外陰部の脱毛は意味がちがうと思う。

2013年9月22日号の婦人公論(中央公論新社)で林真理子・壇蜜両氏の対談記事があった。記事のなかで壇蜜氏は、彼女自身が外陰脱毛したことを明らかにしている。林氏の「昔、陰毛のない女性のことを、どうしようもない淫乱だというので男性から畏れられていたと言いますけれど」に壇蜜氏は「現代に置き換えると、淫乱というのは誰とでもできるという意味で、結果として女神さまになるという計算なのです」と返答している。言葉の選択がすごい。陰部脱毛の意味 彼女の言うことだから間違いはないのだろう。

おかしいなと思うのは、介護をうけるために陰毛を無くする、という意見である。自分が将来介護を受けることを考え、まえもって無くしておくというのだ。それでは今現在の介護現場で、そのような声が上がっているというのだろうか?陰毛がないほうが介護しやすいから処理しておくべきだという意見が出ているのだろうか??介護職に就く患者さんに聞いてみると、そんな話は聞いたことがない、あんまり関係ないと思う、という意見だ。私も高齢者施設に入所中の患者さんを診察することがあるけれど、同感である。

清潔のため陰毛処理を とエステで言われたと患者さんは言う。強い違和感を感じます。

外陰や膣は 口のなかと同じ 多くの雑菌が棲んでいる。皮膚や腸内環境も同様である。多様性のある菌叢(きんそう)のおかげで恒常性が保たれノーマルな環境が維持できている。陰毛を処理するかしないかで、清潔かどうかが決まるわけではないのである!

話は違うが、低用量ピルについて。

低用量ピルは 日本の高い承認ハードルを超えて避妊薬として認可されたのが1999年9月である。2008年には保険診療で用いる月経困難症治療薬としても認可された。

低用量ピルの連続服薬(数ヶ月、ピルを飲み続ける。年に数回、休薬して出血を起こす)について、2006年に海外の演者が日本でレクチャーしたものを私は聞いた。このレクチャー受講者は限られた産婦人科医師ではあったが、ピルを数ヶ月にわたって連続服薬することについて、14年前にすでに、国内の医師たちが話をきかせてもらっている。

なのに日本でのピル服薬については遅々として進んでいない。連続服薬どころか、古典的なピル服薬(3週間のんで1週間休薬して出血を起こす)についても遅れている。日本では、ピルを使用可能な年齢の女性での使用率は3%からせいぜい5%だという。

いっぽう、陰毛脱毛はどうか。私が気に留めはじめたのが12年ほど前である。その後10年あまりであっという間に世間にゆきわたっている。この速さはどうだ。あきれてしまう。速さの理由は何か?それは脱毛業界の懸命さ、宣伝(コマーシャル)のすごさであると私は考えている。