日展の彫刻作品を鑑賞

2月なかばまで日展の名古屋展(巡回展)でした。このごろ、ちょいちょい日展へ足を運びます。彫刻家、櫻井真理(さくらい まこと)氏の彫刻を観に行くためです。

櫻井氏は高校の同期生なのです。彼は美術科で私は普通科、在学中はカリキュラムが全く違い、過ごす場所も違うので部活など同じでなければ接点がほとんど、ありませんでした。それが近年、Facebookを活用した同窓会を開くことによって、ほかのクラスだった同期生ともすごく交流できるようになったのです。これはネットのありがたい、良い面です。

さて今回、櫻井氏は「日展会員賞」を受賞しました!!!

幸い、会場で会うことができました。像の前で記念撮影です。

作品名は「やすらぎ」。2020年の6月から9月にかけて制作したそうです。当時の様子を思い出してみると、コロナのための緊急事態宣言からいったん抜けて、なにかできそうかな、という時期でしたね。

石膏の像なのですがブロンズ色です。この着色すばらしい。

モデルは30代日本人女性だとのこと。モデルさん本人はほっそりしたかたなんですと。作り手のイメージで像を創っていくのです。

触れたくなる曲線。なんと、触れてもよいのでした!!

今は大阪市立美術館で3月21日まで展示中。

像は、前から見るとふつうに若い日本人女性、背後からみると筋肉がくっきりとして、マドンナとかミロのビーナスをほうふつとさせます。臀部にある筋肉のさかいめにあるくぼみに気づきますか?「ビーナスのえくぼ」といいます。

いいものは、いつまでも見ていたくなります。

櫻井氏の彫刻は、名古屋市内だと中村日赤病院や北区役所にあるそうです。日展まちなかギャラリーにマップがありました。

また次の展覧会も、鑑賞しに行きます!!