UNIQL〇の変化

外陰がかゆい、あるいは痛いというトラブル。冬場になると増えます。原因の多くは接触性皮膚炎…衣服による接触性皮膚炎です。

パンツスタイルが大勢であるこのごろ。ぴたっとしたパンツや硬い生地のパンツをはいて、あるいはタイツやガードルとパンツを重ね履きして、蒸れてこすれて皮膚炎を起こすのです。原因をなくさないと治りません。擦れる衣服や重ねばきをやめることが治療です。

でも、寒いと「どうしても」重ねばきをなさるのだそうです。

私はおそらく20年くらい前から患者さんに以下のようにお話し続けています。擦れる蒸れるがいけないので、スカートをはきましょう、って。

最もまずいのがGパンです。そういう話をしょっちゅうしているので私は患者さんのあいだでGパンが嫌いな先生と評されているらしいんです。べつにGパンを嫌っているわけではないですが、中高齢女性には確実に不向きだと思います。

Gパンやスキニーなんていうのは若い人はいいんですが、40歳越えたらやめたほうがいいと、外来でお話し続けています。(そのわけもご説明していますよ)

タイトなパンツをはいて平気ならいいですけれど、皮膚トラブルを起こしてしまっているのに相変わらずはいていたら、皮膚がかわいそうです。

外陰の痛さかゆさがあるときに、自分で観てみましょう。まず目で見るんです。見づらければ鏡を使います。…自分で見ていないっていう患者さんがとっても多いんです。でもこれはおかしい。手や足が痒かったり痛かったりしたら、ふつう、見ますよね?それと同じです!じぶんのからだですから。

タイツとスカート、暖かいですよ。やってみればわかります。Gパンて、結構、お尻や腰は冷えるでしょう。タイツをはいてもスカートならしめつけないからOKなのです。空気の層ができるからあったかいですよ。

私はユニクロが大好きで、チラシをみるのも大好きです。10年前と今とでユニクロの品揃えには大きな変化があると思います。10年前は全然無かった、スカートをたくさん売るようになったことです。うれしいことです。

外来で、蒸れる衣服はだめ、きついパンツやガードルは単品でもやめてほしいのに重ねばきしたらもっとだめ、と説明できるよう資料としてユニクロのチラシを使わせてもらっています。黒木メイサちゃんがユニクロの広告に出ていたころ!パンツばかりでスカートは載っていないです。