ドラマ「セブンティウイザン」最終回をみて

70歳女性が初産で女の子を産んだ 一家のドラマ。楽しみに観ていた。最終回がまた、良かった。素敵な夫婦のドラマだ。出産前のお話はドラマを見逃していたので残念。想像だけれど、出産前は夕子が強く決意をかため、出産後からは朝一がしっかり家庭を支えているようだ。がん罹患にめげず、前向きな姿勢で妻をはげます夫(朝一)。妻(夕子)は育児の激務で肺炎になったり、子どもを追いかけるとき転んで骨折したりと散々だけれど、夫に支えられて気品をとりもどす。

家族問題や依存症など臨床心理で大御所である精神科医の斉藤学さんの本をいくつか読んだことがある。うろ覚えだけれど、確かこのようなことが書いてあった。…父親が子どもを愛するのは母親が子どもを愛するのとは違っている。基本、男は自分の妻を愛する。その上で、妻が愛する子どもを、自分も愛するのだ…と。男性によって違うと思うし、斉藤学さんも、(愛する女性なしでも)子どもの面倒をみられる、愛せる男のことを「おっぱいがついた男」と呼んでいる。

何が言いたいかというと、朝市は夕子を愛している。あたりまえだけれど、それが一番大切な基盤なんだろうなと思った、ということです。

疲れて帰ったふたり リュックもおろさず、朝一「お茶のむ?」夕子「いらない…」元気がない。リュック背負ったままカーテンを開ける朝一。

すみません 人物を犬にしています

娘のみらいちゃんを演じている子役さん。夕子が妊娠中にとったVTRを親子3人で観ていたときの表情など、自然でよかった。

ドラマ “セブンティウイザン”をみて考えた大切なこと

70歳での初産、夫婦の子育てドラマ。まず原作をLINEマンガで読んでびっくりした。なかなか興味深い。作者さんすごいなあ。テレビドラマを録画して、みている。はじめのほう見逃してしまい、ようやく5回目あたりからみているが、もう次回は最終回である!

夫婦を演じる俳優さんも、すてきな人選だと思う。夫の朝一さんが小日向文世さん、妻の夕子さんが大好きな竹下景子さん。

( ↓ 以下ネタバレになるかもしれません。よろしくお願いします)

ドラマが、父親(朝一)の目線で流れていくところがいい。父親が育児の主体、生活を回してゆく主体になっているのだ。夕子が産後肺炎になり入院中、ちょっとなにか食べようと思って炊飯器をあけても空っぽ。妻が炊いていてくれたから、ご飯はあったのだとしみじみ気づく。乳児をひとりでみるということは、大変に緊張し気が休まらないことなんだと気づく。正直で素直な男性のすがたである。朝一が定年退職後であり仕事に出かけなくてよいという設定がいい。

夕子が肺炎で入院したとき朝一は知人にヘルプを求め、おなじマンションで暮らす夫婦とも交流して乗り切っている。それまで朝一は人付き合いが苦手で友人も少なかったというが、子どもが生まれてからはつきあいよくできている。これは…もともと素質があったと解釈すべきか、ドラマだから?というべきか。子どもが生まれたことで人間が本来あるべきところに引き戻してもらえた、人とつながって生活をしてゆくことに目が覚めた、ということはあると思う。

一般的な子育ての場合も、産休育休を取ることで人間らしい生活をとりもどすことができる。女性男性どちらにとっても同じことで、とくに男性の育休はとても重要なことなのである。このドラマでわかる大切なことの一つは、そこではないだろうか。