う歯(むしば)は削っていただかなければ仕方なし

むかし治療してもらった奥歯のむしばが痛む。二次カリエスといい、年月が経つとどうしても、二次的にう蝕してきてしまう。

虫歯は、削ってもらうしか仕方ない。傷が治るのと違って、う蝕した部分がもとにもどることはないから。

わたしは保険医協会という団体に属している。保険診療を行う医師、歯科医師の団体である。そこで色々な医師、歯科医師と話をできる。いつか、歯科のドクターが嘆いていた。

”患者さんは、だいたい、歯を「削られた」という。「削ってもらった」とは言ってくれない”と。それは確かに、言い方が正しくない。治療者に対してあんまりな言いようだと思う。

虫歯になって、それ以上う蝕が進まないようにするには腐った部分を削って取り除くしかない。そして削った部分は金属などで補填して、噛めるようにする。それが虫歯の治療というもの。さらに日本の歯科治療技術に対して、こちらが支払うコストは桁がひとつ小さすぎるくらい少ないものがあると思う。申し訳ないくらいの気持ちで受診すべきである。